このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年中途入社

櫻田 裕之

警備部・中部地区/主任
現場での経験を積んだのち、現在は管制業を担当。自分の努力次第で仕事の幅を広げていけることにやりがいを感じています。
警備部・中部地区/主任/櫻田 裕之

社会に欠かせないインフラ整備の一翼を担える仕事に興味を持ち入社

アクティサポートに入社を決めた理由は、社会の基盤づくりに貢献できる仕事に魅かれたからです。普段何気なく利用していた高速道路。あくまでも移動の手段でした。しかし、高速道路は物流をはじめ、さまざまな業界になくてはならない社会インフラです。そんなインフラを警備という側面から支えていく当社の業務には社会的意義があると思いました。また、当時子どもが生まれたばかりだったので、家族を養う金銭的な面でも魅力を感じ、入社するに至りました。
同時に進行する現場のかじ取り役

同時に進行する現場のかじ取り役

入社当初は現場で警備業に就いていた私ですが、2年目には現場を取りまとめる職長を経験しました。そして現在は、各現場における必要な人員配置を考えたり、現場の調整をしたりする管制業務を担当しています。一般的な言葉にすると、「シフトを組む」と言えば分かりやすいのではないでしょうか。当社はさまざまな現場の警備業を請け負っていますので、それに伴い管制も同時に複数の現場の調整を図らなければなりません。これが難しくもあり、管制の腕の見せどころでもあります。このように、経験を積むとともに新しい仕事を任せてもらえるのは当社の魅力だと考えています。
資格を取得して新しい仕事にチャレンジしたい

資格を取得して新しい仕事にチャレンジしたい

仕事のやりがいはインフラ整備に貢献できることです。このやりがいは当社に入社する動機にもなりましたが、入社してからよりいっそう感じていますね。今後の目標としては、新入社員研修などの人材育成に携わることです。当社は資格取得支援制度をはじめ、社員のスキルアップをサポートする体制が整っています。数ある資格の中でも私が興味を持っているのは教育分野。教育・研修に関する資格にチャレンジして、有資格者として新入社員に向けた研修を担当できる人材になりたいです。

当社の武器である「人」をもっと磨いていけば、もっとお客様から高い評価を得られると考えています

課題は質の高いサービスを提供し続けることです。当社の商品はモノではなく、現場で警備業務にあたる隊員の方々。警備のクオリティはもちろんのこと、マナーや身だしなみなど、すべてがお客様の評価につながります。とはいえ人間は一人ひとり感情や性格が異なりますので、なかなか意識レベルを統一することが難しいのが現状です。だからこそ底上げができれば、数ある同業他社の中でもアクティサポートがお客様から選ばれ続ける存在になると考えています。
周囲のサポートが手厚いので、未経験でもまったく問題ありません

周囲のサポートが手厚いので、未経験でもまったく問題ありません

高速道路での警備業務は、ニッチな職種なので自分にできるのか自信のない方もいると思います。しかし、私自身もそうであったように、当社には異業種から転職してきたメンバーが大勢います。また、何かあれば気兼ねなく相談に乗ってくれる上司・先輩ばかりです。未経験だからといってネガティブになる必要はまったくありません。私個人としては、たわいのない会話を楽しめるような方と一緒に仕事ができれば嬉しいですね。皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

警備・守衛に関連する求人票を見る